FC2ブログ

ドイツナローゲージ Spreewaldbahn 気動車 501 (Bemo 1033 813)

HOナローゲ-ジ
05 /14 2021

 今回は、かつて東ドイツに存在した軌間 1,000mmのナローゲージ Spreewaldbahn の気動車 501について紹介します。

 Spreewaldbahn はベルリン南東部に位置する都市 Lübben から Cottbus までを結んだ軌間1000mmのナローゲージ線です。

 1898年に開業し、1970年までの長い間、地元の足として活躍しました。

 こちらで紹介する 501は、動力近代化のために1934年に導入されたTalbot社製の気動車です。

<Spreewaldbahn 501 主要諸元>

 バッファ間距離:10.86m、運転重量:12.7t、出力:65PS、駆動方式:カルダン方式、軸配置:A1、最高時速:55km、動輪径:700mm、座席数:28

 上記のように1934年にアーヘンのタルボット車両製造会社で―両が製作されました。

 導入の目的は、運用合理化、客貨分離、スピードアップにありました。

 実際に同線のシュトラウピッツとゴヤッツ間13.8kmでは、蒸機列車よりも6分短縮したそうです。

 レンズは入っていますが、ライトは点灯しません。

 当初付随車を連結したようですが、脱線が続発したため、単行運用されるようになりました。

 側面の文字 "Fliegender - Spreewälder" は、同じ頃登場したDRGの高速気動車 SVT 877

 "Fliegender - Hamburger"をもじったものでしょう。

 こちらはKATOが製品化しておりますので、皆様よくご存知と思います。

 もっとも501は、僅か65HPの狭軌DCですから、本家とは異なり最高速度は55km/hでした。

 車内には荷物室があり、引き戸で区分されていたようです。

 主に通学列車で使用され、1970年の同線の廃線まで活躍しました。

 もっとも最後の頃は、故障や交換部品の枯渇により動かなくなっていたようです。

 なおSpreewaldbahn は、戦後、東ドイツの領域となり、国有化されました。

 その影響もあり、501の車番は下記の変遷をたどりました。

 Spreewaldbahn 501 → DR VT 133 523 (1949/4/1) → DR 187 002-1 (1970/6/1)

 ただし本車は、1970年1月5日に廃車になりましたので、コンピューターナンバー化は実施されませんでした。

 最終的に1974年にスクラップになっています。

 以上、Wikipedia 独語版 Spreewaldbahn 501 及び Schmalspur Bahn Werke の記事を参照、引用させていただきました。

 それで模型の方ですが、特殊な車両ゆえ、こちらで紹介するBemo製品が唯一の存在と思います。

 こちらのBemo製品は、何の脈絡もなく発売されました。

 1990年代、Bemo-Zuekeブランドで東独のナロー車両を発売しておりましたので、関連があるのかもしれません。

 そうして見るとこの製品は、あまりBemoらしくないので、欧州型によくあるOEMかもしれませんが、詳しいことはわかりませんでした。

 完全左右対称で平凡なスタイルですね。

 模型はリベットがゴツゴツしていますが、実車の写真ではあまり目立ちません。

 実物とは異なり、両方の軸を駆動します。

 軸が可動しないので、集電はいまいちですが、減速比が大きいので、集電状態が良ければ安定した低速を発揮します。

 走行音は高いですね。

 8ピンコネクタ仕様になっています。

 なお、この模型は軌間9mmですが、実物は1000mmですので、12mmがスケールになります。

 たしかBemoから、交換用の車輪が出ていたと思いましたが、入手は難しいでしょう。

 モールドはシャープではありません。

 やはりBemoではないように思いますね。

 こちらは偶然入手しました。

 ほとんど見ることのないアイテムだけにラッキーでしたね。

 単純な形状なので、模型としてはDR時代のツートンカラーの方が映えるかもしれません。

2003/11/9 中古


<余談>

 Spreewaldbahnはコットブスの近くを走っていました。

 北東にはハルベ、トイピッツ、ツォッセン(第9軍関係)、コットブス近傍にはシュプレムベルグ、ドレプカウ、ゼンフテンベルク(テッタウ軍団集団関係)など、第二次世界大戦最末期の激戦場がありました。

 恐らくですが、戦争による被害も大きかったのでしょうね。


2018/12/13 記 
2021/4/29 写真全面更新、文章書き換えの上、再録

 

↓当方HPです。こちらもどうかよろしくお願いします。

db103rheingold.web.fc2.com

 

↓当方も参加しております。実物、模型などいろいろな鉄道ブログがあります。

是非ご覧になってください。

鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

DB103

こちらではドイツ形HO、日本形、アメリカ形Nなど手持ちの模型鉄道を紹介したいと思います。古いものが中心となりますが、どうかよろしくお願いします。